最も奇妙なエコ製品

今の世の中、人々は環境にやさしいライフスタイルに適応しなければなりません。多くの地球規模での問題などが、環境にやさしい技術を意識することを広めるその必要性につながっています。実に、環境にやさしいことを生活面で心がけると、疲れた心にとってよりよい癒しになり、大きな面で、カーボンフットプリントの削減につながるのです。ここでは、皆、二度見して詳しいことを知りたくなるような、そんな10個の奇妙なエコ製品をご紹介。

エコなリモコン

導体は、運動エネルギーで操作するエコなテレビのリモコンの概念です。 東華大学の学生達が、ソニーのエコ製品のコンクールのためにそのリモコンを設計しました。ユーザーがリモコンを横に揺らすと、導体が操作のための電荷を生成します。 リモコンの全体の機能は、 特定の動きを介して機能します。音量の調節、チャンネルを変えること、テレビを消すことなど、何であっても、ユーザーは、ただそのリモコンを、様々な方向に揺らすだけ。興味深いことに、導体がある一定の時間作動しなければ、テレビは自動的に消えることになっています。

ソーラーライトでリスをライトアップ

奇妙なこの製品は、あなたのリビングルームの仕上げに。GreenCultureから発売された太陽光電池を使ったこのリスは、ショーケースに飾るのにうってつけ。このニセのリスは、太陽光で発電し、そのLEDの体で、暗くなったら電気がつきます。お値段は55ドルです。

レモンで発電する時計

かんきつ類の時計は、デザイナーのAnna Grameがデザインし、レモンからのエネルギーで作動するものです。このデバイスは私達に、私達のエネルギーの源は自然からくるという事実を改めて思い起こさせてくれます。 1つのレモンで、その時計は1週間かそれより長い間作動します。 かんきつ類は、レモンのスライスから電力を引き出し、その電力をデバイスの低い部分に置いてデジタル時計を作動させます。この技術は、電気分解というプロセスを使っています。

緑の苔のカーペット

あなたのバスルームを明るいグリーンで飾るというアイデアが好きですか?もしそうなら、Nguyen La Chanh によるこの緑の苔のカーペットは、あなたのバスルームの床を緑で敷き詰めてくれる素晴らしい方法ですよ。苔は、湿気の多い環境で繁殖します。なので、バスルームや芝にかなり適しているのです。 Chanhはplastazoteと名づけたこの独創的な緑のデザインを作るため、防腐剤を使いました。

グリーン・ポリューション・センシティブ・ドレス

デザイナーの Stephanie Sandstrom氏はエコで公害に敏感なEPAのドレスを作りました。 そのドレスは、いくつかのユニークなサインを通して、空気が悪いことを警告してくれます。外の空気が汚染されている場合は、 服にしわができます。このEPAドレスは4年前に、サンフランシスコ・エクスプロラトリアムのセカンド・スキン・エキシビジョンで展示されました。Sandstrom氏は、周りの空気の質をチェックするために特別なセンサーを備えたEPAドレスを着用しました。

ロールオンMP3 プレイヤー

ノルウェーのデザイナー、 Christian Karlsson氏は、運動エネルギーを通して機能し、電気を生成するロールオンMP3プレイヤーを考案しました。 デバイスは自転車の発電のプロセスに似ていて、形も発電機に似ています。充電するには、ユーザーはただそのトップホイールを転がすだけ。メディアのコンテンツの面では、内蔵されたUSBポートを通してこのロールオン・MP3プレイヤーをコンピューターや他のデバイスに接続することができます。

切り株グリーンスピーカー

JVC Kirikabu(切り株)は、盆栽を載せた、モジュラー式のエコスピーカーです。環境にやさしいプラスチックというコンセプトのこのスピーカーは、様々な形で生産されています。各モデルは小さな盆栽が植えるためのコンパートメントがあります。 切り株スピーカーは木の切り株みたいで、水平に3つの木の切り株があります。2つの切り株はスピーカー、3つ目はただのターミナルです。お家のリビングにちょっと緑を加えるのに、この切り株は素晴らしいアイテムかもしれませんね。

食べられる靴クリーム

食べられる靴クリーム・・・この言葉は確かに、考えさせられますね。そう、 Po-Zuは、多目的の靴クリームを 純粋な低温圧搾ココナッツオイルから作りました。この靴クリームは有害物は含まれていないので、調理に使ったり、リップクリームとして使ったり、保湿としてお肌に使うこともできます。 この小さな缶に入った、変わった靴クリームはたったの15ドル。有害な物質を含まず、多目的で使えることから、エコ製品とみなされています。

環境にやさしい傘

 

また奇妙なエコのコンセプトのこの傘は、古新聞の天蓋がついた傘です。デザイナーのShiu Yuk Yuen氏からエコ傘と呼ばれているこの製品は、ポケットサイズのフレームを持つ傘です。 使う人は、捨てられる新聞紙、ダンボールやプラスチックを使った天蓋をこのフレームに取り付けることができます。エコ傘はいいアイデアですが、雨の日には使えません。でも、日差しが強い日には、いい日よけになります。

インナー・ライフ・チェア

都会の住民は、いつも緑とのふれあいが恋しくなるもの。デザイナーのMartin Azua氏は、そういった人たちが緑とつながりを持つことができるように、インナー・ライフ・チェアを作りました。 この椅子は 植物を育てるためのスロットを備えた、最小限の椅子です。 快適な座席は、緑と近いこともあいまって、人々によりよい快適をもたらします。

Today's Top Articles:

Scroll to Top