Home Tranportation 警察は新しいゼロ社の電動バイクを受けることを決定

警察は新しいゼロ社の電動バイクを受けることを決定

by admin

四輪車は、地球に優しい感触を示す唯一の輸送モードではない。電動自転車の開発に取り組んでいるZero Motorcycles社のようなメーカーとともに、我々が燃料源を減少させる現在の傾向に乗るにつれ、すべてが失われるわけではない。ゼロ社は、警察署のような治安部隊のために特別にデザインされた2012年のDS自転車の新しいラインを紹介した。警備局で2年間働いた、DSのその働きぶりの結果だ。

 

Zero Motorcycles

多くの電動バイクのように、eバイクは、従来のバイクほど強力ではない。しかし、ゼロまたは近いほぼゼロに近い排出量により、社会のエコ意識の間では人気となっている。 DSは、非常に静かなバイクだ。電気モーターから即座のトルクを供給するため、シフト雑音と排気熱がない。そして、警官が犯人の後に忍び寄る機会を与えてくれる。Zer0社の新しいラインアップは、ハイウェイで重罪犯人を追うにはあまり理想的でないこともあるが、ストリートでの使用は完璧に見える。そして、バイクは通常、都市に限って使用されるため、DSは警察署に誇りになるものを提供するつもりだ。

Zero社のDSは、1時間につき6キロワットと9キロワットの2つの構成で利用することができる。環境保護庁によると、バイクは、フルチャージで、70と112マイルの走行範囲を移動する。回生制動と80mphの最高速度によりスペックを完了する。

DSに完全充電するのにおよそ8~9時間がかかる。そして、その数字がかなり高い間、クイック充電キットによって時間を半分に短縮する。ベース・モデルは、前後のLED照明、フレーム保護バー、前部バッテリー、光カット・スイッチ、そして非常用の自動点滅装置のような構成部品を特徴とする。オプションのアクセサリーは、分離できるフロントガラスと頑丈な保管ケースを含む。6キロワット/時ユニットは15ドルで売られ、よりパワフルな9キロワット/時の変形は18ドルで売られる。

 

Via: Autoweek

Today's Top Articles:

You may also like