京セラ、アリゾナソーラーエネルギープロジェクト向けにソーラーモジュールの出荷を開始

日本の多国籍企業である京セラは、127MWのアーリントン・バレーソーラーエネルギーIIパワープロジェクトのために太陽電池パネルの出荷を開始した。 同社は、2013年までサンディエゴ工場でPVパネルの製造を続ける。 取引の詳細がまだ公表されていないため、京セラがPVsの唯一の供給元であるかどうかということはわかっていない。

Arizona Power Project

マリコパ郡にあるアーリントン太陽エネルギー・プロジェクトは、1、160エーカーの領域を持ち、居住者と企業に必要なエネルギーを補う。ソーラーパワーの第一線の一国であるアメリカは、誰が環境に優しいエネルギーの最終的ユーザーとなるかというレースに勝利する決心を見せる。再利用可能なエネルギーに深くかかわっているヨーロッパと共に、世界中の国々が動力の必要条件を満たす風力発電所とソーラーパークを設立する準備をしている。

京セラは34MWのモジュールを出荷し始め、ますます多く提供し続けることになるだろう。製造業部門の多数に従事している同社は、太陽電池パネルを生産することでも有名だ。以前、京セラは、多結晶PVの生産を、2013年3月まで毎年1,000MW増加させたいという意向を発表した。同じ時期、拡大の一部として多くを投資し、約500億円を費やした。

子会社の京セラソーラーは、来年3月までに、1年につきおよそ1GWのPVsの世界的規模な生産能力を目指している。アリゾナ太陽エネルギー・プロジェクトを供給する新しい冒険的企てを持ち、同社は、その目標を達成する決心をしているように見える。

5億5000万ドルのプラント建設のための資金を以前に受諾したLS Powerによって、アーリントンIIプロジェクトは確立されている。プロジェクトから発生するパワーは、サンディエゴGas & Electricに売り払われるだろう。プロジェクトの現場は、パロベルデNuclear Generatingステーションのような他の発電所を収容する地域にある。

 

Via: Bloomberg

Today's Top Articles:

Scroll to Top