Food @ja

アメリカの農家を直撃する害虫

スティンクバグじゃアメリカでは多く見られるようになり、天候などの生育条件が揃った時に大量発生します。次から次へと増えて行き当たり一面があっという間に覆われてしまいます。 この虫はアメリカが起源ではなく、どこから来たかというと貨物に乗ってアジアから渡ってきてそこから広がった可能性が高いです。90年代に数匹で始まったのが今では大きな被害を与えるまでに至ってしまい、ペンシルバニアのアレントンが最初の被害を受けています。スティンクバグとはその名の通り潰した時に発する臭い臭いからきています。寒い冬でも暖かい家の中でじっと生育しているなんとも厄介なものです。 2013年はアメリカ農業界において重要な年で、60%の総量増加が中部地域で屋内外共に見込まれています。寒い冬が終わって夏が来ると外に出て繁殖を始めます。北アメリカの農作物でコショウや桃はこの虫によって全滅してしまうのです。 最新の機器によってこの虫の生態系や対処法が研究されています。この虫の恐ろしいところは2点あり、まずは野菜や果物を好んで食べるということです。ブドウやトマト、大豆にコショウやリンゴなど2010年だけで$3700万の損害を出しています。 次に、天敵が少ないということで、成長の速さと外敵の少なさによって異常大量発生が起こるのです。 農家は農薬で対処しようとしてきましたが、健康の害を考えるとベストではありません。それでも研究家のホールマー氏は自然にその数を減らすように努力してきていますが、彼によるとアジア寄生蜂はこのスティンクバグを好んで食べるので、これらを持ち込んでみるのも手です。経済的にも良いアイデアでこの問題を見事に解決できるかもしれないという反面、アメリカで育ったスティンクバグには効かないかも知れません。 何とかしてこの数を減らそうと対策が練られていますから、最高の結果が得られるのを待ちたいものです。 Today’s Top Articles:

エコフレンドリー蟹とは一体

エコフレンドリーの重要性 世界はまさに環境を守るべき重要な問題に面しています。自然を守って環境を保護する必要はいつに無く増しています。さもないとエコシステムに多大な被害を与えてしまうことになりかねません。温暖化、オゾン層破壊、絶滅種などの現実はわれわれ人類の責任です。ですからみんなが1つになって立ち向かう必要があるのです。 海の環境を守る 海の環境を守るということはそのような動きの1つです。問題は山積みで、海への廃棄物がもたらす漁業界への影響も見逃せません。 過去には破壊的な方法や技術が使われていて、今でもそれは続いています。特定の魚に偏った人気も生態系のバランスを崩し、少数の魚はむしろ絶滅の危機に瀕しています。これも食物連鎖のバランスを崩しています。 これを防ぐために継続使用性のシーフードのコンセプトが必要になってきます。これが実現すると海を汚さずに魚の数のバランスを保ちながら漁ができるのです。いろいろな調整や変化を通してエコフレンドリーに漁ができるように手段が取られていますし、漁業会社も積極的にこの姿勢を取り入れている場合は特殊ラベルを商品に貼って、マーケティングに利用することができます。 ズワイガニ 北極海・大西洋・太平洋ではズワイガニが良く採れます。北半球を住処とするこのカニは種類も豊富です。美味しいため人気もあるのでたくさんの量がこれまで獲られてきました。 ズワイガニの漁は継続使用性に基づいて行われています。それでも一部地域ではそれが守られていないので、今後一層規制を徹底していく方向です。 消費者もエコフレンドリーなズワイガニかどうかを知る権利があります。ですから通常は特殊ラベルなどが貼られていてエコフレンドリーであることを示しています。国によって細かな基準は分かれますが、このようなエコフレンドリー商標がついたものを買うようにするのは良い心がけです。 エコフレンドリーに漁をするということは、環境を守ってカニの量を一定に保つように気を配っていることで、この動きを消費者としてサポートすることは大変重要です。

サステイナブル・シーフード

持続可能なシーフード運動における現状 持続可能なシーフード運動として知られているイニシアチブは、当初、世界の海洋生態系が過剰な開発により破壊寸前であるという認識から始まりました。この運動は1990年代に始まり、意識改革キャンペーンとエコ・ラベルによるソーシャル・マーケティングのシステムが特徴的です。産業やNGO、非政府組織の共同活動と同様にソーシャル・マーケティングにより、消費者は多くの種類の海洋生物を保護することに関する情報に基づいて購入を決定をする自由が提供されました。 プログラムとキャンペーン 持続可能なシーフード運動を活性化するために、エコ・ラベルのプログラムは、独立した第三団体が固定環境基準による生産工程を評価することを意図として開始されました。プロセスが、ある特定基準を満たしていれば、販売業者や生産者は商品の販売促進に使用するためにエコ・ラベルのライセンスを購入する権利が与えられます。このラベルは、製品が持続可能な方法で生産されたことを証明するものです。ラベルを付けることは、単に規制するためのツールではありません。消費者が環境によい製品を選択する際に、効果的に奨励する役目を果たします。生産者にとっては、利益を上げることができます。市場占有率を獲得するために、そして利益を増大するためにエコ・ラベリングのような環境に適した生産活動に参加する組織や会社が増えています。 持続可能なシーフード運動の意識改革キャンペーンは、海洋生物を考慮した製品を買うための教育と製品を推奨することに焦点をしぼっています。そして、シーフード・ガイドに従って、特定の種類の製品を買わないよういすることによって目標を達成します。このガイドには、消費する値があって環境にいかなる影響も及ぼさないことが強調されています。ガイドは、黄色、赤、緑の3つの主要カテゴリーに分けられます。このランキングは、魚の生息数、フィッシングプレッシャー、混獲、ギヤー・インパクトと管理に基づいて分けられています。赤は回避すべき海産物を表し、黄色は良い選択を表し、そして、緑は最高の選択を表しています。 シェラトン・アブジャ氏の役割 シェラトン・ブランド、そしてリゾートのスターウッド・チェーンとホテルの所有者シェラトン・アブジャ氏は、現在、持続可能なシーフード運動のパイオニアです。グローバルなリゾート・グループの主な確約は、変革のリーダーとなって、あなたのような顧客に対して、何十億もの人たち、そして次世代の人たちに、毎日の生活における食物としての海産物を供給し続ける環境を保護するために、正しい判断をしてもらうことです。 シェラトン・グループは、ある種の魚は、フィッシングによって絶滅の危険にさらされるか、事実上、既に絶滅した種もあると主張しています。また、現在のペースに基づいて、適切なアクションを今起さなければ、実行可能な商用漁業は2050年までに絶えてしまう、と付け加えました。 意識を高めるシェラトン・アブジャ氏 2013年1月1日から、中東地区、アフリカ地区、そしてヨーロッパ地区のスターウッド・ホテルでは、ブルーフィン(マグロの一種)、クジラ、海亀、そしてサメのような絶滅の危機に瀕したシーフード/魚種をホテルで提供しないことを公約しました。当企業の上層部は、濫獲を防ぐためには、魚に対する顧客の意識変革が必要である、と主張します。持続可能な魚だけを購入することに決めることによって、絶滅危惧種の経常需要を減少させることができるのです。憶えておいて欲しいことは、賢く博識に選択して、あなたのまわりの人たちに無駄に魚を貯蔵することを減らすことを分かってもらえるようにすることです。 海産物の収穫に依存する様々なコミュニティーの経済活動を尊重しながら、海洋の健康を保護するためには、絶妙なバランスが存在します。この持続性は偶然的なものかもしれません。また、コミュニティーは、政府や観光産業、そして持続性のためによいステップを採用している組織と協力し続けることが必要です。  

2013年の食のトレンド

2013年、ヘルシーでエコな食のトレンド 未来の食材の製造・広告そして消費のトレンドは毎年変わり、生産者の顔が見えて廃棄の少ない、健康に良いかどうかなどが関わってきます。業界の専門家は2012年に起きたひどい干ばつの影響で食品の値段が上がることを予想しており、消費者側としては余計な無駄を減らして賢い買い物をすることが求められてきます。 無駄な消費を減らす 国家資源防衛審議会によると、毎月40%の食料が食べられずに捨てられているということです。また専門機関によるアンケートによると、39%のアメリカ国民が食べ物を無駄にしている気がしていると答えています。リサイクルをしていないということに関してはこの倍の数値になります。このようなことから、食料は各段階で無駄にされていることが多く、大企業は最新技術を用いて効率を上げつつ無駄を無くすように努力しています。 2012年に行われた無駄を無くすプロジェクトのうちで最も優れていたうちの2つはハーフシースとシアンズ・プランです。後者は食事の計画を、そして前者はレストランで食事をするとき一部のコストをチャリティーに寄付するシステムです。食品のコストが上がっていることと消費者側、メーカー、そしてレストランの節約という観点で、このトレンドは2013年には技術の開発をして食べ物の無駄を無くすように進化していくことになります。 食物:健康と病気 研究によるとベビー・ブーム世代にとっては食事の傾向と栄養を考えることが一番の大事な点です。なるべく若々しさを保とうと抗酸化剤を摂取したりしています。この世代は2015年までに消費者が食物を購入する総額の半分を占めるようになり、心臓に優しくサーモンのように脂分の高い魚に含まれる抗酸化剤や、緑茶やスイートポテト、ベリー類、ポップコーンなどが人気を占めるようになります。 この傾向はアメリカ国民の大人の三分の二、子供の三分の一が肥満体質であることを考えると、大変歓迎されることになります。薬品評議会が提出したレポートでは、肥満関連の病気の治療費は毎年$1900億にものぼり、肥満の影響で各産業に$430億の被害が出ているということです。このようなわけで健康食の需要が高まり、これを助けるいくつかのプロジェクトも開始されています。最近新聞紙面をにぎわした企業としてはイータリー、ニュートリティオニックス、そしてマヤフード・オアシスです。 経済に与える影響 2013年のトレンドとしては食料供給システムに大きな変化が訪れ、肉メインからナッツ・バターやタマゴ、豆、豆腐などに人気が移ることになります。プロテインを多くとって野菜をメインにするようになるのです。一般技術の向上も肉の消費を減らすことに大きく貢献しそうです。

節約術:生物分解性の包装フィルムが野菜の鮮度を2倍ながもちさせます

食べ物を捨てなくてはならないという状況ほどひどいことはそうそうありません。経済的にというわけではなく、世界には適切な食事を得ることが困難な人がいるなかで貴重な食料を無駄にするべきではないからです。世界人口が急速に増え続け、農業用地には限りがあるという状況下では食べ物を無駄にはできません。英国では毎年平均720万トン、120億ポンド分もの驚くべき量の食料を廃棄しています。その他多数の国においても同様でしょう。この危惧すべき状況に挑む最新の包装フィルムがあります。

治癒力がある環境にやさしい食物

最近の医学の研究は日常的な自然食品に注目して、医薬的な利点のある驚くべき効果を発見しました。これから多くの人が食卓テーブルに果物と野菜を並べるようになるでしょう。栄養だけでなく治癒力がある香辛料とハーブを見てみましょう。

Scroll to Top