Architecture @ja

ヤシの葉の造形展示がヤシの葉の実用性を明らかに!

ナツメヤシの葉で造られた避難所や家は、場所によってはコンクリートや鉄骨による造りにかわっていますがこの地域の大半では何世紀にもわたってアラビアの生活そのものであり続けています。にもかかわらず、ロンドン王立地理学協会の展示用としてヤシの葉の建造物が復刻されています。持続可能であって美しい古い伝統は中東の一部ではナツメヤシの木の幹や繊維質や葉を使い、建造物の重要材料としてまだ盛んに使用されています。

ツリーハウス – 自然をありのままに楽しむ!

世界は地球温暖化や気候変動といった問題を抱えていますが、廃材でつくられた家は明るい話題となっています。エコに関心がある人にとって、ツリーハウスは自然に親しみつつ流行の生活スタイルを融合するものとなりうるのです。 類似例に、カナダオンタリオのLynne Knowltonさんの廃材のツリーハウスは、隠れ場に対する憧れの実現であって、全ての大人のためのリラックス場所であるとともに子供の遊び場でもあるのです。

セメントを使用せずに石を積み重ねてつくられたヒマラヤンリゾート

西ヒマラヤの麓に位置するHimachal Pradesh州は自然の美しさと優雅な建築がジグゾーパズルの2つのピースのように集約された場所です。Himachal Pradesh州は、恵まれている地形と同じくらい独自の文化、方言や建築様式も変化に富んでいる場所です。この地域には暮らしぶりの異なる、独自の文化と建築が存在しています。一週間そこそこの休日でHimachal Pradesh州を訪れる人は地域性が異なることによる失敗をしてしまいます。一年を通して過ごせば、この多彩な地域を理解することができるようになるでしょう。Kullu、Spiti,、Lahaul,、Kangra,、Shimla、Kinnaur、ChambaやMandiはHimachal Pradesh州の基礎となる主要な文化の中心地です。それぞれの場所では独自の魅力的な伝統や方言を持っています。

Graphiteアパートが建築材料の木材を活性化

ロンドンには世界でも最高層の木造建造物が建てられています。9階の高さの木造建が2階から空に向かってそびえたっているのです。3年前に建てられたGraphiteアパートは、直行積層材という加工処理された木材を使用して建てられています。この直行積層材(CLT)を基本部分に用いたアパートは防火対策のために5層まで積層して強くした木材を使用しています。

ヨンサン国際ビジネス地域のランドマークタワーのデザイン特性

都市開発共同事業体「ドリームハブ・経済投資プロジェクト」により建設が進むランドマークタワー(全長620m)は、3400万平方メートルもの面積を生かして多彩なコンセプトを実現させるべくデザインされました。この高層タワーの外壁部は二重螺旋構造により、デザイン面だけでなく装飾用に施された十字のフレームワークを強化させる意味でも大切な役割を持ちます。

新しく生まれたモジュラーデザインのグリーンハウスは教室としても使用可能

一般的には、優秀な建築技術とは最新のテクノロジーを用いた、経済利益に直結する可能性を秘めたもののことを指す、というような間違った解釈をされてしまいがちです。しかし、再生資源や必要道具各種を入手しやすくなってきている現在の流れを上手く利用して一般社会の各方面で実践されている共同作業プロジェクトに、建築業界も積極参加していく姿勢が求められます。このような理想主義かつ実践的なコンセプトを取り入れているのがオランダのアーティスト団体N55で、コペンハーゲンの建築家アンロームとのコラボレーションを通して「スペースプレート・グリーンハウス・ブリストル」をデザインしました。南ブリストル・スキルアカデミーに建てられたこの斬新な形の教室では、通常の授業の他にも農業専攻の学生やその教授が農作物の生育のために幅広く利用され、現代建築技術とシンプルな伝統的建築技術の融合を見事に体現化したプロジェクトだと言えるでしょう。

天然資源とリサイクルについての理解を促進するTerevete Forest Centre(テリベート森林センター)

「リサイクル」という用語は、それを実行しない多くの人にとっては抽象的な概念です。ラスチックと紙を分別して、リサイクルの大切さを解き明かし歩く人たちを連想させます。しかし、もし自然の現状を見たり、自然環境の中で四大元素を実際に観察したりすることができるとしたらどうでしょう?製品の原料は何であるかを正確に理解すれば、もっと積極的に再使用したりリサイクルしたりするのではありませんか?そのようなことから、ラトビアの設計会社Sampling社(サンプリング)が、Terevete Interactive Educational Forest Centre(テリベート・インタラクティブ・エデュケーショナル・フォレスト・センター)を考案しました。ここでは、研究者たちの研究環境が整い、一般の人たちは異なったアプリケーションを使用して資源や建築資材、そしてエネルギー保全に関して学習することができます。概念としては、公開競争の一部としての展示会場とインフォメーション・センターです。

コペンハーゲンのメイン病院を緑化して地球に優しい新拡張計画

コペンハーゲンのメイン病院であるRigshospatalet(リグスホスパタレット)が建て替えられることとなりました。3XNの建築家チームが、エコキャンパスの設計を入札しました。病院は2017年に完成が予定されています。76,000m2の拡張は、効率的な時間節約ロジスティクに改築されることでしょう。また、緑化は患者にとって安寧の環境を築くことでしょう。スタッフの日常作業は、部局と病棟間の短距離化によって、その移動時間がより短くなり、作業の効率化につながるでしょう。

パリの公園に育児所の建設を提案

すべてが計画通りに進むなら、フランスの建築家Djuric Tardio氏が設計した木造ティーピーはパリの公園に建ちはじめるかもしれません。まだ構想の段階ですが、デザイナーは、この設計を大量に建築することができれば、パリの公園の育児所として役立つかもしれないと考えています。STICKSと名付けられたこのプロジェクトは、建物を自然環境の中でセット・アップしやすいインフラストラクチャーであると考えています。

Scroll to Top